スポーツ

【顔画像】岡本碧優のコーチは笹岡拳道!スケボ一一家で経歴がすごい?

笹岡拳道

スケートボードパーク女子の岡本碧優(おかもと みすぐ)選手。

中学生にして世界ランク1位という偉業を成し遂げた注目のスケートボーダーです。

岡本碧優選手といえば、女子ではほとんど成功例のなかった大技『バックサイド540』を公式戦で決めた世界初の選手として一躍有名になりましたよね!

そんな世界レベルの実力を持つ岡本碧優選手を育てたコーチとは、一体どんな方なのでしょうか?

今回は岡本碧優選手のコーチ『笹岡拳道(けんと)さん』について、プロフィールや経歴など詳しくご紹介していきます。

【顔画像】岡本碧優のコーチは笹岡拳道

笹岡拳道出典:Instagram

  • 名前:笹岡 拳道(ささおか けんと)
  • 生年月日:1993年6月14日
  • 年齢:28歳(2021年7月時点)
  • 出身:岐阜県岐阜市
  • 血液型:A型
  • 業:スクール業/コーチ業
  • 資格:AJSA(日本スケートボード協会)のプロ資格

岡本碧優選手のコーチは、プロスケーターとして活躍していた笹岡拳道さんです。

岡本碧優出典:Instagram

笹岡拳道さんは、岡本碧優選手以外にも自身の弟・笹岡建介さんのコーチ兼マネージャーを務めています。

コーチ業をする傍ら、以下のスケートボードスクールとマネジメント会社の代表としても活動し育成者としての成功を収めている方です。

岡本碧優選手が笹岡拳道さんに出会ったのは8歳の時。

岡本碧優出典:Instagram

愛知県あま市のHi-5スケートパークで行っている『TRIFORCE SKATEBOARD ACADEMY』のスクールに岡本碧優選手が通い始めたことがきっかけだったそうです。

笹岡拳道さんは当時の岡本碧優選手のことをこのように話していました。

「彼女の滑りを見たときに、俺も建介もこの子はちゃんとやれば良いところまで行くんじゃないかって思ったんです。」

「ひとつひとつのトリックのクオリティを上げて、540を出せばこれからでも世界一は可能だなと感じたんです。」

引用元:greenfield

まだ幼い岡本碧優選手に世界で戦える可能性を感じていたとは凄いですよね!

笹岡拳道出典:Instagram

この話を笹岡拳道さんからされた岡本碧優選手は、世界を目標にどんどんスケートボードにのめり込んでいったそうですよ。

そしてもっと強くなる為に、小学6年生という若さで親元を離れ、岐阜県にある笹岡拳道さんの実家に下宿しながら日々技を磨き続けています。

笹岡拳道さんは岡本碧優選手と生活も共にし、日々技術面・メンタル面のサポートをされているようですね。

【岡本碧優】のコーチ笹岡拳道はスケボー一家?

笹岡兄弟出典:start

笹岡挙道さんの父は、スケートボード元全日本ジュニアチャンピオン。

兄弟は、3人全員がプロスケートボーダーという筋金入りの『スケボー一家』です。

  • :笹岡 賢治
  • 長男:笹岡 挙道(画像:右)
  • 次男:笹岡 賢志(画像:中央)
  • 三男:笹岡 建介(画像:左)

父親:笹岡 賢治

笹岡家出典:Instagram

笹岡挙道さんの父・賢治(けんじ)さんは、大阪出身の元全日本ジュニアチャンピオンです。

スケートボードに出会ったのは、まだ競技人口が少なかった1970年代。

父・賢治さんは、当時のスケートボードを取り巻く環境についてこのように語っていました。

「パークも日本に数個しかなくて、スケボーって何やねん?っていう時代。

ボードなんか今の2~3倍の値段していたし、環境的には良くなかった。
今で言うと例えが見つからないくらいマイナーだった。

引用元:スポーツ報知

現在も日本はスケートボードに関して後進国と言われていますが、昔はもっとマイナーな競技だったようですね。

そんな父親の影響で幼い頃からスケートボードで遊んでいたという笹岡3兄弟は、異なる個性を持ちながらも実力は揃って国内トップクラス。

『プロになりたい』という兄弟の夢が叶ったのは、他でもなく元国内トップ選手だった父・賢治さんの指導と支えがあったからなんだそう。

3兄弟全員をプロ選手へと育て上げたとは本当に凄いですよね!

次男:笹岡 賢志

笹岡賢志出典:start

笹岡3兄弟の次男・堅志(けんし)さんは、スタイリッシュな技にとことんこだわる職人肌タイプのスケーター。

アマチュアのトップ選手が集まる全日本大会で6位に入った実力者の持ち主です。

現在の詳しい情報は見つかりませんでしたが、プロスケーターとして活躍していたことは間違いなさそうです。

三男:笹岡 建介

笹岡健介出典:Instagram

笹岡3兄弟の三男・建介(けんすけ)さんは、スピードと高いエアを武器に持つトップスケター。

2018年『第18回アジア競技大会』では金メダルを獲得し初代アジア王者となった日本随一の実力者です。

その後も、『日本選手権優勝』や『初代パーク種目初代チャンピオン』に輝くなど数々の好成績を残し、パーク日本男子の第一人者として活躍しています。

【岡本碧優】のコーチ笹岡拳道の経歴は?

笹岡拳道出典:Instagram

笹岡拳道さんがスケートボードを始めたのは、小学4年生の頃。

スピードとパワーあふれる滑りが特長で、アールセクションを中心とするパークスタイルが得意なスケーターです。

2012年の関西アマチュア・サーキットで総合優勝し、日本スケートボード協会公認のプロとなりました。

プロとなった笹岡拳道さんですが、当時はパークスタイルのコンテストがほぼなかった為、プロ昇格後の戦歴がほとんどないのだと言います。

プロスケーターとしての第一線を退いた後は、『TRIFORCE SKATEBOARD ACADEMY』のスケートボードスクールを開講。

笹岡拳道さんが得意とするパークスタイルに特化したスクールで、次世代のスケートボーダーの育成に力を入れています。

笹岡拳道出典:Instagram

スクール業を行う一方で、笹岡建介選手と岡本碧優選手のコーチ兼マネージャーも行っている笹岡拳道さん。

世界一の選手を育て上げた指導者として、プロスケターを目指す国内外の若者から絶大な支持を集めているんだそう。

関西では笹岡拳道さんのことを『スケボー界のゴッドハンド』と呼ぶ人までいるそうですよ!

スケーターとしても指導者としても、実力を兼ね備えた本当に凄い方のようですね。

今の岡本碧優選手があるのは、間違いなく笹岡家のサポートがあるからでしょう。

スケボーのスペシャリストが集まった笹岡家の元で、技を磨き続ける岡本碧優選手の活躍がこれからも楽しみですね!