スポーツ

開心那の中学校は苫小牧市立青翔!出身小学校や所属先についてもまとめ

開心那

スケートボード女子選手の開心那(ひらき ここな)さんが、東京五輪出場確実となり注目を集めていますね!

開心那さんは現在12歳の中学1年生。

東京五輪が開催されれば、日本史上最年少での出場という快挙を成し遂げることになります。

そんな開心那さんはどこの中学校に通っているのか気になりますよね!

今回は開心那さんの中学校や出身小学校・所属先について調べてみました。

開心那の中学校は苫小牧市立青翔

開心那さんは現在『苫小牧市立青翔中学校(とまこまいしりつせいしょう) 』に通っている事が判明しています。

開心那出典:Instagram

この画像は開心那さんのお母さんが運営するインスタグラムに投稿されていました。

セーラー服にスケートボードを持つ姿がとっても似合っていますね!

苫小牧市立青翔中学校は、成21年4月に創立された市内公立中学校の中で1番新しい中学校です。

学校出典:学校公式HP

生徒数も市内で1番多く、今後も更に生徒の増加が予想されているのだとか。

学校の外観写真を見るだけでも綺麗な校舎であることが分かりますよね。

校舎内には広い中庭やメディアセンターなども設置されているそうですよ。

地方の中学校だと古い校舎が多いイメージでしたが、こんなに綺麗で設備も整った中学校があるんですね!

毎日通うのが楽しくなりそうで羨ましいです!

開心那の出身小学校は?

開心那出典:Instagram

開心那さんの出身小学校については時点では明らかになっていません。

ですが苫小牧市立青翔中学校の学区は、拓勇東町全域・拓勇西町全域・あけぼの町(1丁目・2丁目)・明野元町全域・新開町(1丁目)となりますので、

苫小牧市立拓勇小学校苫小牧市立拓進小学校のどちらかと予想されます。

開心那さんは5歳からスケートボードを始めていますが、その頃から転んで痛い思いをしながら練習を繰り返し技をマスターしていったそうです。

開心那出典:Instagram

そして小学4年生(9歳)の頃には、頭角を現し第2回日本選手権パーク女子で4位に入賞

更に同8月には海外デビュー戦のVANSアジアで優勝も果たしています。

活躍の場を一気に広げ注目されるようになった開心那さんの小学生時代は、練習に試合に忙しい日々を送っていたのではないでしょうか。

将来の夢は『世界一かっこいいスケーターになること』とインタビューに答えていた開心那さん。

小学生の頃から目標を持ち着実に前に進んでいく姿は、本当にかっこいいですよね!

開心那の所属先について

建物出典:Instagram

開心那さんは現在、札幌市北区の『HOT BOWL skate park』に所属しています。

所属選手になったのは、2017年11月から。(当時9歳)

開心那さんは天才肌と言われていますが、放課後に自宅のある苫小牧市から1時間以上かけて練習場に通い、夜9時過ぎの最後まで誰よりも練習していたという努力家の一面を持っています。

開心那出典:Instagram

小学生の頃からスケートボードに真剣に向き合っている姿は本当に凄いですよね!

HOT BOWL skate parkは、小学校低学年の子供から40代以上の大人まで幅広い世代のスケーターが一緒に楽しむ場所であり、開心那さんが6歳から技を磨いてきた練習場です。

スケートパーク出典:Instagram

HOT BOWL skate parkの特徴は、名前の通りパークの中心にある大きなボウル。

このボウルを目当てに道内各地からスケーターが集まってくるそうですよ。

開心那さんは専属のコーチをつけず、先輩のプロスケーターを手本にしながらテクニックを磨いていたそうですが、今では開心那さんが先生役なりターン時の視線の向け方などをスクール生に教えることもあるのだとか。

HOT BOWL skate parkに通う子供達にとって、開心那さんは憧れの選手であり目標となる存在なのではないでしょうか。

今後の開心那さんの活躍がますます楽しみですね!

開心那
【顔画像】開心那の両親はスケボー経験者?職業や年齢は?弟についても調査スケートボード女子選手の開心那(ひらき ここな)さんが、日本史上最年少での東京五輪出場確実となり話題になっていますね! 開心那さん...